編集者になりきれなかった30男のお仕事不定期日報


by juunf_ex

要望

会社に提出した。編集に未練はある、が今のままでは、、、。
[PR]
# by juunf_ex | 2009-01-27 02:07

WEB業界転職のススメ

web業界に身をおきながら、自分のブログはいっさい更新しない。
そんな矛盾だらけの、放置サイトにときどき顔を出してくださる、たぶん僕のことをなんとなく知る皆様、ごぶさたしております。

前回エントリーから半年、あいてしまっておりますが、なんとか無事にやっております。
気づけば月刊誌の編集部を飛び出してから、もうすぐ丸1年がたつのですね。この間、本来やるべき、こと以外の経験をたくさんしてしまった気がするのですが、これもベンチャーなら仕方がないことかなとも思えております。

というわけで、きっとこのサイトをチェックしてくださっている、編集の仕事が好きだけど、漠然とした業界の先行きへの不安みたいなものを抱えながら、日々会社で長時間労働にいそしむみなさんに少しでも有益な情報をお伝えしたいなと、いかんなと思ったわけで。この1年間で僕が感じた出版人が感じたweb業界への転職体験みたいなものをお伝えしたいと思う。

まず、確実にいえること。もしあなたに雑誌や書籍での編集スキルがあるなら、web業界で仕事をするのはたやすいことであるということ。業界に飛び込んで一番感じることは、大手から、なにから、とにかく自分たちでコンテンツを作ることをしない、できない、しようとしない。某なんとかhooにしても、何にしても、自社で制作費をかけて企画し、取材し、という発想はない。あるものを使い、そこにあろうことか、お金をつけようとする。そこでいう"あるもの”というのは、雑誌をはじめ出版メディアなどが持っているコンテンツ。流用したい、組み込むことばかりにやっきになっている。誰かがいっていたが、webページはつくるだけではお金は産まない。雑誌は出版されれば、情報という価値とリアルの物としての価値に、読者や企業はお金を払う。しかし、webは公開されただけでは、お金を一円も産まない。見られなければ存在しないのと同じ。そんなことを考えると、たしかに見えないものに先行してお金をかけることは、難しいことなのかもしれないが、とにかくタカリとも思える会社がなんと多い事か。それは出版のweb部門に身をおくから特に感じることなのかもしれないのだけれど。

例えば、このサイトは面白いな。そんな風に素直に読者として感じるサイトがどれだけあるだろう。周りの人に聞けばそれは、フイナムやハニカムと答える人もいるだろう。が、本来的にそれを上回る人材をかかえる大手出版社がwebにおいては、本の目次を毎月しこしことアップするだけなのだ。男性誌が次々に姿を消す(titleもきえちゃいましたもんね、、、)中で、出版も決して楽観などできるはずもないのに、webのコンテンツが本当に雑誌を駆逐するなんてことは、ないとおもえてならない。

たしかに速報性や動画表現など、二次元の紙ではおよばない領域をもつwebの可能性はかんじるものの、構造的にweb独自のマガジン、コンテンツは成立しえないのではないか。だからこそ、コンテンツを生み出す、発想できる者をいつもこの業界は必要としていると感じる。

ブログの本は売れている。誰もがメディアになりうるという意味で、ブログは僕らの学生時代にあったら、どんなにか自分の可能性を感じてしまうのだが、結局はたよりはマンパワーであって、そのソリューションを評価するのはどうも、違うように思えてしまう。今ベストなWEBサイト100を挙げると、90年代のように個人サイトの名前があがってこない。お金をかけて本気でつくっている企業サイトが生き残り、興味をもたれないその他おおぜいのダメサイトの山。そのタヨリの企業サイトも一部をのぞけばECサイトや地図やニュース系など実用系、企画力を感じることは少ない。

web独特の知識やなにやらにしても、紙の複雑さやアプリケーション、さらには編集者としてのコピー能力さえあれば、ものの数週間で得とくできる類であると感じる。単に僕のいる職場だけなのであるが、デザインセンスのないものがデザインを手がけ、ライティング経験のないものが記事を書く、とにかくこのプロだなと感じることのできる人材のなんと乏しいことか。だましだましできてしまう、やってしまえる世界。そんな風に思えてならない。もちろんそうでないサイトも上にも挙げたがあるのだけれど、。

だから、臆する事なく飛び込むべきだと思える。写真の美しいサイト、そんなことがウリにできてしまうほど、未だにwebは発展途中で、編集者としてのスキルがどれほど求められているか、そこに入ればばわかるはずなのだ。
[PR]
# by juunf_ex | 2008-03-25 01:45

社内デザイン部(web)

デザイナーがいないことが一番の問題なのである。
会社には社内デザイン部がある。手前味噌になるが、紙の出版側のデザイン部は出版社の社内デザイン部としては、その統一されたアートワークは随一ではないかと思う。チームごとに媒体を受け持ちながら、表紙、白の使い方、だれがみても落ち着いた誌面は、もちろん良い面(媒体の種類をこえて、統一されたイメージがある)、悪い面(迫力、押し出しにかける)はあるのだが、安心して、お願いすることができる。編集者は、要素をあげるだけで、情報の整理、ビジュアル化はその専門部署がその才能を発揮して、最良のものにしてくれる。

で、今のwebの部署はどうか。デザイナーはいない。性格にいえば、社員デザイナーはどの人間もデザインの心得がないといえる。実際社員デザイナーがあげたものを、一瞬見て、「これではクライアントからお金をもらえないから、別のデザイナーにかわってくれ」と、社員デザイなーよりも一枚二枚も上手な派遣デザイナーさんに頼んだこともあった。もちろんwebデザインはビジュアルの話だけではなく、多くの知識、プログラムの知識が関わってくることもわかる。が、デザインのセンスがないのは、僕らのような編集的な立場にとって、非常に負担がおおきくなる。4月からこの部署に異動して半年、いくつかのタイアップページの制作をうけもった。二度とかかわることがないと思った、撮影、取材、一連の段取りがやっぱりあった。ラフをかきあげ、制作部署にわたす。すると、「この見出しは何時ですか?」 は? ナノである。webの場合は出版でいうことろの、後割りが基本である。が、多忙を極める状況で、進行をさせるとき文字を含むすべてを渡す流れは、今の状況では難しい。しかし、我が社のデザイン部、デザイナーがいうのである。あるときは、ラフに要素のみをあげて、手渡した。ページデザインはそのままのざっくりした、ぱらぱらとしてデザインがあがってきた。webページとしての機能性もなければ、グラフィックとしての美しさもない。とにかく、編集者にはAD的なディレクションもふくめた提案がひつようなのである。ちょっとまてと、お前らの力量不足を補うために編集がいるのではない。とんかくデザインできる人間をいれてくれ。それだけで、どれだけ僕らの仕事が楽になるか。 
[PR]
# by juunf_ex | 2007-09-27 02:04
その場所を去るために、机を掃除する。何度やっても僕はすがすがしい気持ちでこれをした事がない。決まって休日の朝、夜、だれもいなくなったオフィスから夜逃げのように今では不要となった資料やきっと手元にもっていてもひらくことのない本を仕分けたりしてる。僕の、少なくともこの会社での編集者としての仕事は終わった。これからは、外部のカメラマンのスケジュールを押さえることもしなければ、校正のチェックをクライアントにまわすこともなくなるのだろうか、献本したり、取材したり、ラフ書いたり、そんな技術を発揮する場所はもう、この会社にはなくなってしまった。「今よりはラクになるんじゃない」偶然出会った社内カメラマンが僕に声をかける。そうだ、今がつらいから、他にまわるんですよ。仕事ができないんですよ。そんな意図はないのだけれど、誰もが僕にそう思っているように聞こえてくる。動けていなかった、こだわりも失ってしまった。人にあまく、自分にあまく、家庭をかえりみず、僕はいったい誰の、何のために、この会社に来たのだろう。前の会社、しかかりの著者本を放り投げて、元の会社に迷惑をかけて、著者に迷惑をかけて、恩師に負担をかけて、そこまでして、追い求めた場所も結局イヤなことから目を背けるように去っていく自分が醜くて仕方がない。だから、この会社に残る。再スタートをきるなら、このタイミング、この職種しかなかったのだ。編集者としての自分のスキルをいかしながら、web編集者として、変わってみたい。例えば3年後、月刊誌の編集として、毎月自分の時間をキリウリすることよりも、3年後、web編集のワークフローを学び、いかせるようになることが、プラスとなるのではと考えた。簡単なことではない。けど、今の自分のまま、たとえば、自分のコドモに会いたくはないと思った。いつも時間におわれながら、余裕のない顔でいる、そんな親の顔を子はどう思うだろう。いくらなんでも、それはかわいそうだし。
   この仕事を大好きだった。初めて取材にいったとき、就職活動中でリクルートスーツだった。はじめての雑誌社、担当のやさしいけど厳しい女性編集者、先輩女性ライター、みんな厳しく素人の僕にいろいろ教えてくれた。編プロ時代の先輩。いいかげんだけど、読者のことをいつも最優先だった。いつだって、忙しい自分が楽しくて仕方がなかった。今、目の前に座る女性編集者をあの頃の自分と重ね合わせる、自分の時間すべてを仕事に捧げても、合間に時間をつくって、どん欲に生きていた。もう、あんな情熱は失ってしまった。誰かと比較しても意味がない。でも、どうしても納得できなくなってしまった。
  明日からはもう、赤ペンはいらない。
[PR]
# by juunf_ex | 2007-04-09 02:11

kouryo

自分でのぞんだ道ではあるが、僕の異動は周囲からは「左遷」のように映っているようだ。腫れ物のふれるかのように「juunfさーん、ききましたよ。あれ、自分の希望ですかぁ?  っならよかった。」てな具合だ。そう、4月の辞令、出世する人、新入社員、それとはまったく異質な存在が、ひとり、うーん、目立ってますね。そんな僕の異常行動と、日ごろの仕事っぷりからみて、僕は飛ばされたと思われたみだいだ。この辺がさすが、俺。抜擢とは思われない移動先と、さもありなんな俺の仕事できないっぷり。同情するなら、金が欲しいです。そりゃー、後悔がないかといわれれば、うそになります。でも、限界なんだから仕方なかったのです。残された8時間、がんばりましょう。まだ僕の編集人生は終わっていないのだから。
 飯島愛さんが引退されました。レギュラー番組があるとはいえ、引退宣言をするってあたりが、普段の強気なキャラクターにはない、本当はやめたくない、誰かにかまってほしい、さびしがりな彼女の心情を物語っているわけで。本当にやめたいなら、そっと身をひけばいい。自分を悲劇ヒロインにして、忘れないでほしいけど、やめたいですぅ。そんな気持ちを理解できてしまったり。
 いやいや前向きにいきましょう。まだまだ撮影も残っているわけだし。2ヶ月後奥付から自分の名が外されるところまで。
[PR]
# by juunf_ex | 2007-04-06 16:08

CarSmile休刊

コンビにで何気なく手に取った●クルート社のフリーペーパー。何度か内容はみていたのだが、スタート直後はともかく、半年もしたころからアレ?と思うことが多くなった。明らかに薄くなった。いつも情報量不足、役に立たない記事、昔の本家もこんな感じではあったが、同じ業界の目線でなく一読者として見て、どーなんだとおもってしまう内容だったが、ついに現在配布されている号で終了だそう。
 地域密着のフリーペーバーとして、ビジネスモデル的にもさすが、と思っていたが、終わってしまうようです。その理由とは何なんでしょうか。勝手な想像ですが、基本的に中古車を購入する人物像は、車を安く買いたいということが第一なのではないかと。そもそも中古で購入する以上、壊れることも想像はしているけど、頻繁にメンテナンスをして、いつも快適に乗りたいということ、つまり販売店が近くになければいけないということより、自分の予算にあった車を広い選択肢の中から選ぶということが第一条件なのではないかと。だいたい中古車店に対して、品質の保証や後々のアフターサービスなんて期待する方が間違っているともいえる、ディーラー系などそうでないとこももちろんあるが。
確かに顧客層が優良なこの地域とはいえ、相対的に高水準な価格相場が中古車ユーザーにとっては選びにくいということも合ったと思う。個人的な感想をいえば、埼玉や東京都下、神奈川の奥の方にある店にこそ、中古車ユーザーが探す物件が多い。車でしか行けないような場所にあれば、それは価格で競争力がなければ生きてはいけないはずで、僕が乗ってきた車も行徳、市ケ尾あたりで見つけた掘り出し物件だったりする。コンパクトカーやミニバンに魅力を見いだせる層はともかく、今30代の最後のクルマ世代(僕らより下の層は車は道具という感覚で、車だけの生活が豊かでないことを知っている人たち)で、中古車を選ぶ人たちは、少なくともここでの物件はあまり期待していない。ただし、この業態も以前の話なら成立したのかもしれない。90年代を境に自動車に対する価値観は大きく変わったように思う。ひとつはミニバンなどの道具としての流れ、もうひとつは輸入車販売網の拡充。僕が大学生の頃、プジョーの販売店なんて見た記憶がないけど、現在同社では全国に100ほどを構えているらしい。206がその原動力であったわけですけど、ミニもアルファロメオもシトロエンもルノーもボルボもヤナセしかなかった時代とは違ってそれほど珍しいものではない。ランボルギーニ江戸川なんて冗談かと思うディーラーまである。輸入車はどこでも買えるものになったんだ。ほんの10年前まで外車を買おうと思ったら、環八や環七のあの近辺のディーラーまで繰り出す必要があった。今はそんな所に行かなくても店はある。ネットもあるわけである。と、本当はどうか知りませんが、成約率が下がれば出広もひかえる、薄くなる。ますます手に取らなくなる。ますます出広をひかえる。というスパイラル。さて本当のところはどうだったのか。聞いてみたいものだ。
[PR]
# by juunf_ex | 2007-04-02 02:41

編集後記

誰かに必要とされたい。
交友関係も狭く、人見知りなくせに、どこかでいつもそんな気持ちだった。団体競技も苦手だし、会話のキャッチボールも苦手。そんな自分が今までこの仕事をやってこれたことは奇跡なんじゃないかと思ってしまう。おまけに文章も苦手だったし。それでも、この仕事の誰かの役にたっている感が好きだった。自分で調べて、人に聞いて、難しいことをわかりやすく伝える。自分の知らない人が、自分の努力で喜んでくれる。僕にとって仕事は食べていくためのもので間違いないのだけれど、そんなまっとうな仕事の喜びに支えれていたように思う。でも、この職場での自分はそんな感情が薄れてしまった。仕事から逃げることを考え、手の届く引き出しで“処理する”。まさにやっつけ仕事。30代に突入し、体力的にも以前のように無理がきかなくなったことも事実だ。しかも30代のキャリア編集として、周囲から求められるスキルが時間的、内容的になんとかやりくりしてきた今までと違い、ついに落第の烙印を押されるギリギリのところまで来てしまった。きっとこれは編集という仕事に限ったことではなく、30代という年齢の仕事人として当たり前にみんなが感じていることであることも、どこかでわかっているが、自分のそれは、どうしても、編集者という仕事を続けてきた自分として、編集者としてあるべき姿として、もはや自分が限界であるように思う。確かに職場をかえれば、解決してしまうかもしれない。ただ、自分の納得できるかたちの仕事を30代編集者に課せられる量をこなし、これからを生きていくことに、自信をもてないんだ。だれよりも悔しいのは自分であるが、客観的に自分を見つめる目を僕の家族も必要としている。フリーになれば、4,5年は食べていける。でもその先に待ち受けているのは完全なる引退だ。勇退するなら、今。仕事がすべてではない、という生き方を選んでやり直すなら今、この瞬間がベストなんだ。
 そんなわけで、丸1年を5月にむかえる月刊誌編集部での“冒険”は来月頭にピリオドをうつ。おそらく自分は編集者ではない仕事に向け、今進んでいる。昔、編プロの送別会で、自分より先に辞めていく後輩に向け、「自分はこの仕事をしていることが幸福でしかたがない。編集者という仕事はやりたくてもできない仕事、初めてかかわった本が店頭に並んだ感動と、今月書店に並んだ本とその感動に差はなく、どちらも自分にとって最高のものだ」と言ったように思う。今もどこかにそんな思いはある。営業向きと自分を勘違いさせて見事にドロップアウトした、住宅営業から10年後、今唯一天職だと思った仕事からもドロップアウトした自分が仕事に求めるのは、もはや金だけといわれても反論できない。僕はもう、編集者ではいられない。
[PR]
# by juunf_ex | 2007-03-25 23:02

台割

いくらやっても納得してもらえる構成案ができないでいる。

やりたい企画なんて1、2日もかからず見つけてまわせたのに、休みが明けて10日もあっちこっちやっている。そうして少ない時間の中でできることは制限され、まわす本人も、見る読者も中途半端に感じるものになるのだろう。努力していないわけではない、かかわっている仕事もつまらないわけではないのに、モチベーションがあがらない訳はなんだろう。
 面白い台割をつくるとき、ためしに売れている本の台割をつくって並べてみることで、その本の特徴をつかむことはよくやることだ。
自分ももちろん他社の本の構成をもとに、テーマを変えて(この際、同じテーマよりもまったく別の本で試すほうが実りがあったりする)。そんなこともためしながら、上に提出する。曰く、ちまちましてる。ど真ん中がない。工夫がない。のだそうだ。そうしてさしもどされた構成を練り直す。提出する。前回言ったことが生かされてない。意味がない。また提出する。その繰り返しだ。自分の理解不足か、言ったことを覚えていないのか。よくわからないが、徒労におわっていることは確かだ。
 なんとか、テンションを保ち、週末の時間をこの仕事に費やす。そうしてまた明日、つまらない。もっとちゃんとした方がいいよと言われるのだ。言っていることは正論だし、わかる部分もあるが一人でべてのコンテンツを搾り出すなんてことは到底不可能ではないか。
いつも前任と僕の間になにかが違うとしたら、これですといいきれる自信。はぁ、、、厳しいです。
 仕事量のつらさよりも、上とのやりとりに心が磨り減っている。僕意外の編集部員はそうじゃないのか。でもこんな緊張感よりも、本が売れないことの重圧を上の人間は背負っていることもわかってはいるんだ。どうしたらいいのだろう、、。
 
[PR]
# by juunf_ex | 2007-01-21 16:54

もうじき1年

8月。早いもので、会社を変えてから丸1年が経とうとしています。1年前はじめて出社してから、いろいろなことを経験させてもらっています。いい歳して。裏返せば、ここ数年は自分の持っている低いポテンシャルの中での仕事しかしていなかったのかもしれません。できるものをやる。積極的なようで、全然攻めていませんでした。取材をする際は常に広告の営業をする、人の心をつかむキャッチ、見出しを考える、取材ノートをつくる。海外出張をする。スケジュールを組む。当たり前になりすぎて、おろそかにしてしまっていたものが、体力的なおとろえも手伝い、見直す必要に迫られました。本が売れない、企画が通らないなどの悩みはあっても、仕事に壁を感じたことはなかったですから、この場での経験は本当に貴重なものである、とはわかっているのです。ただ、つらい。大好きではじめたこの仕事も、結局は新卒で入った会社を辞めるための口実だったように思えてきます。人より遅いのは人より多く時間をかけることでクリアしてきました。人より大きくわかりやすく書くラフ、人より丁寧な献本、企画書、電話応対。すべてがこの仕事が好き、この仕事に関わっている幸せから頑張ってきたつもりだった。たしかに最近の自分はアシを使わなくなり、自分の頭の中にあることのみで、問題を解決しようとしていた。蓄積やノウハウとかいうことではなく、ただやりすごすことが目的になってしまった。と、そんな気持ちはなくても、否定ができない。転職を考えても、つぶしのきかないこの職業では選べる立場ではありません。考えても仕方がないことを考えてしまう、10代のような思考を止めたい。
いわゆる「編集長」という仕事は、新しい価値を提案することだといわれます。ここ最近自分のつくったものは、価値があるとされているものをうまく加工してつくれるような2次的な産物であったように思います。少なくとも、新しい価値ではない。編集部員にも編集長にもなれない、このままではいけない。そこが人生のゴールではないとわかっていても、あせりは大きくなるばかりだ。
[PR]
# by juunf_ex | 2006-08-20 20:45

あと2日

校正やなんやで大変忙しいはずなのに、余裕があるのか書きこんでいる自分がいるわけで。
振り返ってみれば、雑誌づくりはタイトル一番なんですよね。忘れていたような気がします。
ながらく実用的な誌面ばかりつくってきたのがわざわいしてか、人を一瞬でひきつけるような言葉を誌面で発っしてこなかったのかもしれません。読み手の気持ちやモノの作り手になっていかに商品のよさを伝えよう、わかりやすく見せようとか、そういう工夫をしない誌面づくりになっているといわれても納得せざるをえないですね。昔の自分がやってきた誌面をみれば、そりゃー他のひとがやってないような、メーカーをこまらせるくらいのモノをやってきたのにもかかわらず。いつの頃からでしょうか。本当に僕はこの世界で、ただページをこなすだけの歯車になっていたのかもしれません。ネガティブなことばかり書いてしまうのですが、そういう自分を認めて、また前に進まざるをえないわけで。

この仕事を始めて1、2年の後輩たちのつくる誌面を見て嫉妬してました。おもしろそうなんです。読める文章なんです。ところが僕はデザイナーとは意思が通じあわず、編集長にはいつも遅い、つまらないと怒られてたりします。思えば、大学生ライターの頃はぶっ飛んだタイトルをつけられたのに、なぜ今は見たままの事しかいえないようになってしまったんでしょうか。これはこれからの数ヶ月で感覚をとりもどしたり、磨いたりできるものなんでしょうか。

自分の衰えなのか、もともとその程度の力しかなかったのか、わかりません。ただ、いえることは言葉を発しなくなった、文章を書くことから遠ざかっていた時間があまりにも長かったような気がします。「自分は編集」という理由で書かない、かけなくなったことが、ライターに対する適切な指示や、取材に際しての下調べ、対象への理解を浅くし、それが誌面に出てしまっているのではないか、そんなふうに感じるのです。

ではどうるすか。はっきり処方箋はないのかもしれません。ただ、むりやりにでも文章を書くことで、なにかが見えるのかもしれません。なので、もうすこしこのブログをリハビリとして続けてみようと考えてます。
[PR]
# by juunf_ex | 2006-06-05 07:04